So-net無料ブログ作成

003 Sarinande  この歌でインドネシア語とインドネシアについて一緒に学びましょう [歌うインドネシア語]

Sarinande

Sarinande putri Sarinande    サリナンデ おとめご サリナンデ



Mengapa nangis matamu bengkak なぜ泣く 目をはらして



Aduh mama aduh la(h) papa     ああママ ああパパ



La(h) asap api masuk di mata  煙が目に入ったの 



Aduh mama aduh la(h) papa     ああママ ああパパ



La(h) asap api masuk di mata  煙が目に入ったの   

 


Serinande.jpg

楽譜 クリッリ大  
 

実際のメロディ・楽譜は下のリンク You-Tubeで聞けます。

https://www.youtube.com/watch?v=rTXOfE1MoqU 



古きアンボンの雰囲気を残している1960年代のレコードの名盤



https://www.youtube.com/watch?v=j6wGLUTNw9Y



演奏は軽薄ですがアンボン人の発音がそのままで字幕入り 



https://www.youtube.com/watch?v=GdgSBPRbZaE



これも古い時代の雰囲気を味わえます。


 



 

Menbaca "Sarinande"  歌詞を読む [ペン]

 

Sarinande putri Sarinande    サリナンデ おとめご サリナンデ


[ペン] Putri 女子 王女  ⇔ putra 男子 王子  


類語 perawan乙女,少女,処女 以下同義  gadisジャワ,kenyaサンスクリット

pemudi女子青年 ⇔ pemuda男子青年

nona〜 お嬢さん miss〜 オランダ語から      

dayang宮女 古語


知識  女性語尾i   男性語尾a

putri putra   

pemudi pemuda

mahasiswi女子大生 mahasisiwa男子大生

pramugari女性CA  pramugara 男性CA

 


Mengapa nangis matamu bengkak なぜ泣く 目をはらして


[ペン] 
Mengapa 疑問詞 なぜ  類語 kenapa 日常的によく使う

 

Aduh mama adu la papa     ああママ ああパパ


[ペン] Aduh
 間投詞 

日本語あてはめると実際の使い勝手が分かります。
アドゥ、どうしちゃったの。 驚きの「えーっ」 

アドゥーウ、なによ! 怒り/抗議の「もーっ」 

アッドゥー、やっちまった。 困惑の「あー」 

アドゥーー、すいませんねぇ。 恐縮の「ほんとに」感に堪えたように

アドゥアドゥアドゥ わわわ!!! 混乱・狼狽

アドゥ、どうしよう。 嘆きの「ああ」

この歌の場合、最後の嘆きが当てはまるのではないでしょうか。続いて、煙が目に入ったの という言い訳が健気です。 

 

[ペン] La Lah

 前回のAyo mamaでも Lah orang muda punay biasaという事例がありましたが、後接辞 –lahは単独ではあり得ないので、掛け声と解釈します。2曲ともマルク地方の歌で、地方語の特徴やくせとも考えられます。歌手によって勝手に歌詞を変更するというのが、ごく普通なので、どれがオリジナルかわかりませんが、参考に挙げたYou tube2曲目の歌詞入りを見ると、アンボンの方言のまま字幕が入ります。演奏はともかく、資料的には重要であろうと思い掲載しました。
マルク地方の言葉の特長は、語末の子音が欠落することです。Lahというところがlaになってしまいます。また、母音の交代も見られます。

mengapa ---> mangapa  bengkak ---bangkak

 インドネシア語学習に必要なことではありませんが、歌とくに地方の歌Lagu daerahを歌うとき、ちょっと頭の隅に入れておくといいかもしれません。アンボン人と歌ったとき、マルクの発音で一緒に歌うと、兄さんたちオジサンたち感動していました。

La(h) asap api masuk di mata   煙が目に入ったの

    

文法的説明がほとんど必要ないくらい平明です。

 

 Sarinandeその曲について  

Serinande.jpg楽譜 クリッリ拡大表示 

  インドネシアでは、21世紀になっても、台所で薪を使う所はまだいくらでも残っています。いわんや、それ以前は、ガスなどは都市の一部、それもプロパンです。台所から炊事の煙が立ち上るの、仁徳天皇の「民の竈はにぎわいにけり」の時代も、今からそう遠くない近現代も変らないわけです。そういう情況にスリップさせて、この歌詞を読むと、台で炊事をしながらとはいえ、目をはらす位泣いている娘の姿が想像できます。パパママが心配そうに声をかけると、「煙が目にしみたの」と健気な言い訳をすというのが、この歌のすべてです。むろん、多くを語らず深い含みと余韻を残すというゆかしさがインドネシアの文化にははしっかりとあるのですね。


ところが、You tubeで探していて気になったのは、この曲が子供向けの童謡Lagu anakでるかのようなとらえ方をしている向きがインドネシア人の中にいることです。子供が舌足らずな声で歌うビデオがいくつか出てきます。インドネシアはお子様けの歌謡ジャンルがあって、テレビにも一定の存在感を占めています。まあ、その線上に子供歌手がこういう有名曲をカバーするという背景から来ているもの思われます。本来、お子様向けの曲ではないと思うのですが、インドネシアの他の地方ではそう感じる人も多いのでしょう。

 余談ですが、Smoke gets in your eyes 1933 ジェローム・カーンの名曲。「煙が目にしみる」といえば、こちらの方が思い浮かぶので、ついでにリンクを入れておきました。

---> wikipedia "Smoke Gets In Your Eyes" 煙が目にしみる

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%85%99%E3%81%8C%E7%9B%AE%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%BF%E3%82%8B_%28%E6%9B%B2%29

--->Platters   Tou tube  https://www.youtube.com/watch?v=WbQuYgPrM0k

They asked me how I knew
My true love was true
I of course replied
"Something here inside
Cannot be denied"

They said someday you'll find
All who love are blind
When your heart's on fire
You must realise
Smoke gets in your eyes

So I chaffed then and I gaily laughed
To think they would doubt my love
Yet today, my love has flown away
I am without my love

Now laughing friends deride
Tears I cannot hide
So I smile and say
"When a lovely flame dies,
Smoke gets in your eyes."

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。